長らくwordpressの表示速度改善をしてきたが、いまいち結果がわかりずらく・・・
どれを使っても、大した変りがなかったが、下記の条件の時に、明らかに違ったので、メモを残しておく。

運用サーバー:Xサーバー
wordpress ver 3.8.1
有効インストールプラグイン数:10(高速化プラグインを含まず)

Ouick Cacheの場合

もう2年ぐらい使っていたが、まったく高速化プラグインを入れないよりは、ちょっとは良かったので使っていたが、結果は、下記。

hdn001

W3 Total Cacheのみでの場合

脆弱性問題も、解決したらしいので、使ってみるかと思って使用してみた。
Xサーバーでは、とても効果が出るらしい。あとは、設定方法もあるのだろうが・・・
結果は

hdn002

W3 Total Cache + 001 Prime Strategy Translate Acceleratorでの場合

翻訳キャッシュってのがあるのを知り、入れてみた。
オブジェクトキャッシュ出来るプラグインとセットで使わなければ効果が出ないらしい。
オブジェクトキャッシュ出来るプラグインは、W3 Total CacheとWP Super Cacheがあるよだが、私は、W3 Total Cacheを使用。

翻訳キャッシュも、001 Prime Strategy Translate AcceleratorとMO Cacheってのがあるらしいが、私は、001 Prime Strategy Translate Acceleratorを使用。

翻訳キャッシュは、テーマやプラグインでどうしても、使っているらしい。日本語にする際に、使うらしいので、自作テーマ+自作プラグインのみの場合は、たぶん効果がないかもしれない。

hdn003

結果、翻訳キャッシュをプラスすることで、このサイトは0.52秒早くなった。

結論としては、Quick Cacheより、設定次第ではXサーバーでは、W3 Total Cacheのほうが、断然早くなる。また、テーマやプラグイン次第で、001 Prime Strategy Translate Acceleratorも効果的らしい。

ちなみに、このサイトは、Quick Cacheを使っているので、時間が出来たらW3 Total Cacheに変更したいが、サーバーが違うので、どうなることやら・・・

別のサーバーでも、試してみたい。