常に更新したい部分のみをwordpressに任せて、その他はhtmlベタで記述する方法のメモです。

拡張子htmlのままでphpを実行させるためのおまじない

.htaccessファイルに、下記のコードを追加すると拡張子がhtmlでも、phpコードが実行できる。(契約サーバーにより記述方法が異なるので詳細は契約会社の情報を確認ください)

AddType application/x-httpd-php .php .html
AddHandler php5-script .php .html

phpを使用したいhtmlにwordpressを使用出来るようソースを追加

phpコードを記述したいファイルには、下記のコードを追加する必要がある。

[code language=”php”]
<?php require(‘./wp/wp-blog-header.php’); ?>
[/code]

What’s Newなどwordpressの機能を使用するソース例

What’s Newなどの投稿記事を掲載する場合のソース例

[code language=”php”]
<ul>
<?php query_posts(‘showposts=10’); ?>
<?php if(have_posts()): while(have_posts()): the_post(); ?>
<li><span><?php the_time(‘Y.m.d’); ?></span> <a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></li>
<?php endwhile; endif; ?>
</ul>
[/code]

contact form 7を使用するソース例

送信完了時に、リダイレクトさせないとURLに余計なコードがついて表示されるのでリダイレクトさせることにした。

contact form 7の設定に、
[code language=”text”]
on_sent_ok: "location = ‘http://hogehoge.com/mailform-thanks.html’;"
[/code]
などのリダイレクト設定は必要だが、その他、リダイレクトさせるためのjavascriptが必要らしい。

[code language=”html”]
ヘッダー部
<link rel=’stylesheet’ id=’contact-form-7-css’ href=’http://hogehoge.com/wp/wp-content/plugins/contact-form-7/includes/css/styles.css’ type=’text/css’ media=’all’ />
<script type=’text/javascript’ src=’http://hogehoge.com/wp/wp-includes/js/jquery/jquery.js’></script>
<script type=’text/javascript’ src=’http://hogehoge.com/wp/wp-includes/js/jquery/jquery-migrate.min.js’></script>

フッター部
<script type=’text/javascript’ src=’http://hogehoge.com/wp/wp-content/plugins/contact-form-7/includes/js/jquery.form.min.js’></script>
<script type=’text/javascript’>
/* <![CDATA[ */
var _wpcf7 = {"loaderUrl":"http:\/\/hogehoge.com\/wp\/wp-content\/plugins\/contact-form-7\/images\/ajax-loader.gif","sending":"\u9001\u4fe1\u4e2d …"};
/* ]]> */
</script>
<script type=’text/javascript’ src=’http://hogehoge.com/wp/wp-content/plugins/contact-form-7/includes/js/scripts.js’></script>
[/code]
※[\]は半角[¥]に変換して使用してください

これで、contact form 7 部分のみを使用することが出来る。