Fonepad ME371MGを購入後、こんなことが出来ることに感動。

Fonepad ME371MG(ビルド:JZ054K.JP_epad-V3.2.4-20130712)とNEXUS7 2012(ビルド:JWR66Y)で、デジタル一眼(nikon D90)の外部モニターになることが、わかった。

どちらのタブレットも、USB HOST(On-The-Goとも言うらしい)が有効で、USBマウスが、ちゃんと使えた。

準備するもの
・タブレット(私はFaonpad,NEXUS7 2012)
・デジタル一眼(私はNikon D90)
・USBホストケーブル(私はUSB A メス <--> Micro USB B オス。[DO-MU]にて360円)
・デジタル一眼に付属のUSBケーブル
・カメラと接続するアプリ(私は Helicon Remote)
DslrDashboardの方が、イイ感じなのだが、Fonepadではエラーで動かない。NEXUS7は、問題なし(OPEN CV Managerってアプリのインストールを促される)

あとは、簡単。
準備したケーブルで、電源の入ったカメラとタブレットを接続したら、タブレット側で、このアプリを立ち上げてよいか的なwindowが出て、タップ。

あら不思議。タブレットにカメラ操作のボタンがたくさん。あとは、いろいろ押してみるしかない感じ。

DslrDashboardは、ネットに接続したカメラがタブレットで見れるらしいが、わからずじまい。また、複数台のカメラの接続もできる模様。また、その複数台のカメラのシャッターを同時に押すことが出来るらしい。

カメラが、canonの場合は、アプリでDSLR Controller (BETA)(649円)ってのも使えるらしい。

アプリのよって、操作方法が少しづつ違っているが、やってみれば簡単なようだ。

ローアングルハンドグリップなどに装着して使えば、楽チンローアングル撮影が出来ちゃう。

参考URL:
Nexus7をデジタル一眼レフの外部モニターにしたら色々スゴイ事になっちゃいました
Nexus7をデジタル一眼レフの外部モニターにする①
androidタブレットでcanon一眼レフカメラをコントロール DSLR Controller が凄い その1
androidのスマホを一眼レフのリモコンとして使う その2