NEXUS7 2013年版が出て間もないのに。もうちょっと待てば、NEXUS7 2013 SIM版も出るっていうのに。
さらに、Fonepad7がyoutubeを通して、発表になったのに。

今更、初期型Fonepadにしてしまった。

NEXUS7 2012 SIM版にも、興味があったが、スペックが全く同じなのは、面白くない感じ。NEXUS7 2013は、価格の割に、興味のあるものが、LTE対応ってところぐらいで、NEXUS7 2012でも、スペック的には満足してるので、7inchでも、電話出来るFonepadに着地した。

Fonepad7は、LTE対応ではなく目玉になるスペックUPがないようなので、安くなり始めた旧型Fonepadとなった。

これで、一つ持ち物が減ることになる。
WiFi Rooter or 電話となる「XPERIA GX SO-04D」と「ASUS Fonepad ME371MG」を持ち歩くだけで、便利にネットライフを楽しめるようになった。

なんとも、安く使えることがうれしい。

GX SO-04D
FOMAタイプS(3,000円-1,500円(ファミ割MAX50)) 3,000円の無料通話付
計:1,500円

Fonepad ME371MG
エキサイトモバイルLTE(2,415円) SIM3枚まで、共有で1Gまで
計:2,415円

合計:3,915円

LTEを試したい場合は、SIMを交換するだけで、LTE体験出来ちゃう。
ちなみに、EXCITE SIM1枚 LTE 500Mコースは、892円となるので、FOMAタイプSコースなら、2,400円弱で、使えちゃうことになる。

docomoの無料通話がついているサービスと家族通話無料を最大限につかわにゃ損。

使用実感としては、NEXUS7 2012とあまり変わらない体感な気がする。使っているアプリが、あまり速度を求めるものがないのかもしれないが・・・

Antutuで、9017だった。NEXUS7が11830で、XPERIA GX SO-04Dが10519だった。一番新しい端末が、一番、数値が低いってのも、なんだか寂しい気もしたが・・・