コストダウンを図り、とうとう3,000円を切ることが出来た。

通話費用は、
docomo タイプSSバリュー 934円(無料通話1,000円と家族通話無料)
Y!mobile PHS だれとでも定額+端末費用 934円+155円

通信は、
u-mobile データ専用ダブルフィックス 680円(月1Gまで)

合計 2,703円(税抜)となった。

docomoは、XPERIA GX SO-04Dを使用。スマホだが、FOMA料金のままに。タイプシンプルバリューだと743円となるが、地方でPHSがつながらなくなった時の保険で、191円を払っている。
通信部分は、u-mobileをNEXUS7 2013 LTEに入れていて、テザリングしいるので、万全の通信状態である。
この端末が必要かと問われると、必要ない気もする。だが、携帯電話番号しか知らない人へPHS番号を知ってもらう間は、必要だと思われる。

Y!mobile PHSは、10分500回無料と制限はあるものの、自分は長電話はほとんどないため、十分なのである。PHSは、通話のみで、通信は一切しない。

あとは、老眼な自分はNEXUS7で、ほぼ通信系の作業をしている。

Y!mobileのLIBERIO2は、Bluetooth機能を持っていてスマホに着信した電話をPHSで受けることが出来るし、発信時も、PHS or スマホの選択が出来る。なので、ポケットに入れるのは、PHSだけ。

書いていくうちに、次なるプランが出てきた・・・

fonepad7 lteにMNPした音声通話付データsimを入れて使用し、PHSで通話は全てをまかなう。元スマホ番号に着信した電話はbluetoothにて、PHSで話をする。。。これは、自分にとってはカンペキかも。。。スマホいらないんじゃない。。。