XPERIA P(LT22i)を使っていたが、画面サイズが小さいのとエリアプラスが使えないのが、ちょっと不便で、いろいろと物色していた。使い方としては、XPERIA PとNEXUS 7(Wi-Fiのみ)とイーモバイルGP02(Wi-Fiルーター)を持ち歩き、使っていた。

なので、XPERIA Pは、電話専用端末となり、ガラケーでもいい感じだったが、せっかくなら、スマホで探していた。将来的には、タブレットを[Wi-Fi + 3G] or [Wi-Fi + 3G + 音声]に入れ替え、ルーターをなくしたい。

タブレットで[ASUS FonePad ME371MG]を狙っていたが、LTE対応ではないのと、スペックUPの端末が海外では販売しているので、「今ではないでしょ」ってことで、見送った。

で、今日、XPERIA GXが、中古だが¥15,840で発見。ちょいキズありだが、衝動買い。

ワクワクしながら、自宅でSIMを差し替え・・・通話つながらん。ネットで調べたら、Xi端末で、FOMA契約SIMが使えんと・・・

そんなぁ~

調べていたら、そんなことなかった。

自分の環境では、通話だけができれば、いいので、その他の通信はわからんが、音声通話だけは、下記の要領でできた。

ダイヤルアプリで、[*#*#4636#*#*]をプッシュ

t02200391_0720128011838466570

上記の「携帯電話情報」をタップ
下にスクロールして、赤枠をタップして[WCDMA only]を選択

t02200391_0720128011838466571

これで、めでたし、めでたし。音声通話ができるようになった。

FOMA契約だと、無料通話があり、それを使わんと自分の場合は、損だと判断したので、こんなことをしてみた。

上記の手順を踏むと、LTEでのパケット通信ができるかは不明だ。

これで、タブレットを[Wi-Fi + 3G] or [Wi-Fi + 3G + 音声]に変更したら、MVNOのSIMに変更して、ネット通信を格安にできそうだ。今のところは、EXCITEのSIM3枚で、1Gの制限ありだが、¥2,415と格安だ。現状は、かみさんの楽天SIMで¥980とイーモバイルのSIMで¥3,880かかってるので、安くできそうだ。

◆◆追記◆◆
rootedが必須だが、ファイルの書き換えで、ネットワークモード切替画面に[WCDMAのみ]と表示される方法を発見。

system\etc\customization\settings\com\android\phone\custom_settings.xml

上記のファイルを2行変更。

変更前
<setting key=”preferred-network-mode-marshal” runtime=”false”>12,1,9</setting>

変更後
<setting key=”preferred-network-mode-marshal” runtime=”false”>12,2,1,9</setting>

もう1行

変更前
<setting key=”disable-lte-when-roaming-or-data-disabled” runtime=”false”>true</setting>

変更後
<setting key=”disable-lte-when-roaming-or-data-disabled” runtime=”false”>false</setting>

最後にこのファイルのパーミッションが[644]に設定する。

上記2行を変更とパーミッション変更で、さらに使いやすく出来る。

他には、アプリもあるみたいだが「LTE Setting」(未確認)

すべて、確認しているのは、XPERIA GX 4.0.4(7.0.D.1.137) です。

◆◆追記◆◆(2013.7.2)
OSバージョンを4.1.2(9.1.C.0.475)にしたら、
ファイル書き換えは、出来なくなってた。でも、ダイヤルでの設定は、
有効だった。「LTE Setting」アプリは未確認。