「テザリング出来ます」って、言っているのに残念なことに、他社SIMでは、それが出来ない仕様。
SIMに対して正しいAPN設定をしても、強制的にSPモードAPNに変更してしまう。その為、他社APNが無視されつながらなくなる。

最近は、docomoネットワークを利用したSIMが他社から沢山出ている。楽天ブロードバンド、B-MOBILE、so-netなどで、出している。月額980円~3000円弱で、使えるのに端末が使えん。

そこで、いろいろと調べてた結果、下記のような要領で、完全フリーデザリングが出来たので、メモ程度に残しておく。ちなみに、端末内部の情報を書き換えるので、間違えると起動しなくなることもあるので、バックアップは必須です。

まずは、root化。その後、ESファイルエクスプローラーをインストール。
その後、custom_setting.xmlを書き換え。
/system/etc/customization/settings/com/android/settings/custom_setting.xmlをコピーして、そのファイルを書き換える。(安全のため)

変更前:<setting key=”tether_dun_required” runtime=”false”>1</setting>
変更後:<setting key=”tether_dun_required” runtime=”false”>0</setting>

丸ごと削除:<setting key=”tether_dun_apn” runtime=”false”>docomo tethering,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,0,*</setting>

変更前:<setting key=”invisible_apn_required” runtime=”false”>true</setting>
変更後:<setting key=”invisible_apn_required” runtime=”false”>false</setting>

変更前:<setting key=”invisible_tether_apn_required” runtime=”false”>true</setting>
変更後:<setting key=”invisible_tether_apn_required” runtime=”false”>false</setting>

丸ごと削除:<setting key=”tether_message_required” runtime=”false”>true</setting>

上記の変更を行ったあと、ファイルを元のフォルダへ、戻して再起動。
その後、プライバシー設定->データの初期化
を行い、再度、再起動。

アプリやら写真データやらは、消えてしまうので、必要であればバックアップをしてから作業がよい。
自分は、ただのWiFiルーターとして使う予定なので、何もしなかった。

すっかり初期化された端末に、APN設定をし、テザリングにチェックしても、エラーが表示されずに他端末で、SSIDを見つける事が出来た。

追加記述
docomoネットワークを利用したSIMサービスをMVNOと言うらしく、iijmioが自分にとって、一番良かったらしい。SIM1枚、1GBで1,974円(初期費用3,150円)
BB Exciteの500Mコースも、魅力的だが・・・(SIM3枚まで。1枚発行に付4,410円。500Mまで2,300円)