プルメリアに感動して、さらに、先に進んでみたら、もっと驚いた。

DSC_7572

ヤシの木に登って、枝・を切っている仕事人を発見!そんだなぁ~、マンションの6,7階ぐらいの高さだったと思う。枝と実を落としていた。地面に落ちた時には、ココナッツが割れていた。食べれないなかなぁ~って思った。たぶん、美味しくないんだろうなぁ~って勝手に思うことにした。

ブラブラ10分程で、商店街もなくなったので、反対側の商店街をぶらり。なんだかイイ感じのお店があったので、入ってみた。さすがに、オアフ島とは、違って一言も日本語はない。でも、とても気さくなおばさんだ。せっかくコナに来たので、気に入ったデザインのTシャツがあったので、購入。オアフとは比較にならないほど安い。やはり、ハワイ島なんだと実感。

さらに、進むと素敵に海が見えてきた。

DSC_7583

今回、宿泊している[KING KAMEHAMEHA’S KONA BEACh HOTEL]が正面に写っている。
ここで、たぶんだけどゲイのカップルがいたので、写真を撮ってあげた。なんだかとても、うれしそうだった。アジア系と欧米系のカップルなようだった。

そろそろ昼食ってことで、4夫婦が集合した。みんな考えてなかったようで、急きょネットで調べたら、地元客が多いって口コミがあり[Jackie Rey’s]ってことに行くことに。
http://www.jackiereys.com/

hawaiiとしては、美味かった。量が多いと思ったので、自分たちは、2人でシェアした。正解だった。

で、主役は式の打ち合わせといろいろあるとのことで、3夫婦は、北方面にドライブに行くことにしていた。

コナから、北へ向かった。道路の脇は、溶岩の黒い塊がず~~~っと続く。果てしない道路が見える。はるかかなた先の道路が見える。たぶん20km程度先は、見えていたんだろう。ワイコロア地区に明日は、来なければならんので、ちょっと寄り道。トイレタイム。
そうでもしなければ、トイレなど、なかなか出現しない感じだった。

ここの地区も、溶岩の土地を開発した感じ。トイレ休憩したスーパーの駐車場からの写真はこれだ。

DSC_7599

ここから、もうちょっと進むと海に出れそうだったので、寄り道。

DSC_7601

ここは、溶岩とサンゴ?が割れた感じの白い、何とも人工的な海岸だった。でも、綺麗だったなぁ。

ここから、ワイメアに入ったが、下調べが不十分で、特に田舎町って感じだった。もうちょっと調べておけばよかった。時間もなかったので、半島の先にあるカメハメハの銅像を目指した。コハラ・マウンテン・ロードを走った。景色はとてもきれいだった。

到着。札幌の時計台の気分。

DSC_7635

ちょっとがっかり。北方面は、こんなもんかもしれない。ハワイ島は、自然を楽しむ島なんだと改めて感じた。

夕食は、制野(奥さんは友人と食事)と3夫婦で、ワイコロア地区のレストランで食事。とても、美味しく、楽しく食事ができた。ここの地区は、やはり富裕層が多いんだろうなぁ~って感じた。

今日は、自分が運転手なので、アルコール0で、みなさんイイ感じで出来上がっていた。よくわからんが、たぶん30kmぐらいある工程を車で運転したが、ほとんどが制限速度が55マイル(88km/h)なんだ。当然、守る人は誰もいなく、100km/h近くでみんな走ってる。先ほど書いた通り、溶岩の野原に道を付けただけなので、街灯なんかがあるはずもなく。一般道で、100km/hですれ違うのはとても、怖い。車が揺れる。自分は、本当に右車線を走ってるんだろうか?6人の命を預かっている。などといろりろ考えてとても疲れた。無事にホテルに到着した時には、明日は、松浦に任せることになって良かったと思った。

明日は結婚だ。飲まないで帰ってきたので、ABCで、ビールを買い込んで、3本飲んで就寝。